Trainer紹介

Trainer

中学からバスケットボールを始め、今でも定期的にトレーニングとバスケットボールは続けています。残念なことにスポーツに怪我は避けては通れない事実です。私自身も30才の時に大きな怪我をしてしまい、手術をしました。右膝前十字靭帯断裂と半月板損傷です。

その際、8ヶ月のリハビリを経験し、怪我をしてしまうのは身体の機能をしっかりと理解しないまま競技をしてしまっていたからだと気付きました。

 

どんな方でも怪我はしたくない、もっとパフォーマンスを向上させたいと考えているはず。

身体の不調を何とかしたいともお考えではないでしょうか。

 

身体の本来持っている機能を自分でしっかりとコントロールすることが出来れば、怪我を負う確率はかなり低くなり、健康なままトレーニングを継続できるのでパフォーマンスは向上します。

身体が機能的に動かせるようになれば、日常生活の不調も感じなくなります。

 

トレーニングとストレッチはその両方を手に入れることが出来ます。

 

任せてください。必ず心も身体も変えます。

 

吉田 慎

ジム